Free Shipping on All Orders Over ¥30,000

BURN OUT

燃えた煤(すす)を纏う革ジャン

まずは、チタン顔料を用い革の状態でBONE WHITEに仕上げ、その革でライダーズの形に縫製します。

そこに高濃度アルコールを吹きかけ点火。燃えた時に出る煤(すす)を、そのまま柄として生かします。

グラデーションの柄になる様調整しながら、10回程、燃やし煤を付けていきます。

全体を調整する工程を踏み、最後に煤を定着させ完成です。

BURN OUT加工は使い込むごとに、革本来の表情であるシボやトラに合わせ、ひび割れが生まれ、独特の表情を見せます。

こちらも着込めば着込むほど、自分だけの1着へと経年変化していきます。

STRUMの革ジャンは、育てる事が楽しめる革ジャンです。

Scroll to Top